MENU

窒化処理のエキスパート 株式会社カナック

施工事例

  • TOP
  • 施工事例
  • 孔抜パンチの寿命向上:ニューカナック処理+PVD(TiN)
その他

孔抜パンチの寿命向上:ニューカナック処理+PVD(TiN)

対象孔抜パンチ
材質SKH51、超硬
処理名ニューカナック処理+PVD(TiN)

処理結果

材質を超硬(G3)に変更し、ニューカナック処理にPVD(TiCN4μ)をすることで、従来より寿命が16倍以上の寿命向上に成功しました。

処理効果(表面硬さの向上による)

・摩耗の減少

ニューカナック処理(下地処理)による、
・PVDの欠け、剥離の抑制

従来の悩み

・パンチ先端がリング状に割れる
・PVD被膜の剥離

背景

孔抜きパンチの寿命を改善するために、鋼種の選定から見直しをしました。従来はSKH51材にCVD-TiCを施していました。しかし、パンチの先端がリング状に割れることが寿命原因で、材質を超硬に変更、ニューカナック処理後のPVD-TiCNが試されました。ニューカナック処理後はPVDの密着力が向上であると話を聞いての処理だったようです。

お問い合わせ

各処理に関するご質問やご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

ご注文を希望の方

ご注文を希望の方は、
下記からご注文方法をご覧ください。